[HOME] - [研究レポート] - [聞く技術を身につける 樋口淳子]

聞く技術を身につける
〜カウンセリングの技法を相談業務に活かすために〜

地域生活支援室MEI室長 コーディネーター 樋口淳子

1  はじめに

2  カウンセリングとは

3  聞くということ

4  「いま・ここ」の大切さ
5  聞くことを相談業務に活かすために
引用文献

[TOP]

1 はじめに

 地域生活支援室MEIでの業務のうちもっとも重要といえるのが相談業務である。私はこれまで面談をさせていただく際、相手が不愉快な気持ちにならないようにということには気をつけてきたつもりであるが、その他の専門的な知識はないまま相手の方と時間を過ごしてきたように思う。ご本人、ご家族の相談に応じる際、どのような点に心がければよいのかについて、カウンセリングの技術より応用できることを知りたいと思い、このテーマを選んだ。臨床心理士東山紘久氏著の「プロカウンセラーの聞く技術」をもとに述べていきたい。


[TOP]

2 カウンセリングとは

 私はカウンセリングという言葉の正しい意味を知るまでは、クライエントがカウンセラーに悩みを打ち明け、何らかの助言をしてもらい正しい方向に導いてもらうこと、というようなイメージを抱いていた。決してそうではないことを知ったのは、明朗塾職員研修のなかでカウンセリングについて学んでからである。カウンセリングとは何はさておきカウンセラーがクライエントの話を「聞くこと」であり、自分の判断から助言をするということはないのである。では単に話を聞いて相手の気持ちを吐き出させてあげればよいのかと思いがちであるが、この「聞くこと」をマスターすることは何よりも難しいのである。これについては次の項目で述べる。

カウンセリングとは