1. HOME
  2. 職員リスト
  3. No.21 - 30

職員プロフィールと自己PR

職名
  • #
  • 氏  名
  • 採用年度
  1. 興味関心分野(過去に取り上げた研究テーマを含めて)
  2. 顧客サービス(就職支援・生活支援等)に対する熱い思い
  3. 専門資格や特技、他人に誇れる趣味(具体的に)
  4. 座右の銘や尊敬する先人たち、愛読書(心に残った本)や映画や旅の想い出など
指導員
  • 21
  • 中平 裕子
  • 平成19年度
  1. 日本近世近代史(今年は戦後70年の節目にあたる。現代史を今一度見直してみたく考えている) 茶道を中心とした日本文化史美術史宗教史
  2. 奇なるかな奇なるかな一切衆生悉く皆如来の智慧徳相を具有す ただ妄想執着あるがゆえに証得せず
  3. 【資格】中・高等学校教諭一種免許社会(日本史) 博物館学芸員 日本語教育能力検定試験合格 介護福祉士 裏千家茶道上級(助講師)
    【特技】下掛宝生流仕舞・謡
    【趣味】博物館・美術館に行くこと 日本酒 茶道
  4. 【座右の銘】一粒の雨に世界を映せ(南方熊楠)
    菩提本樹無く
    明鏡も亦た台に非ず
    本来無一物
    何れの処にか塵埃を惹かん(六祖 慧能禅師)

▲ TOP

就業支援担当
  • 22
  • 平川 智則
  • 平成19年度
  1. アートを核とした障害者就業の可能性」というテーマを掲げて研究している。障害のある方が芸術作品を創作し、それを世に広めることで自立、自活することを目的としている。このテーマを研究するに至った経緯は私自身が芸術に興味を持っていること、そして「山下清氏」の存在である。驚異的な映像記憶力を持った彼の作品は、「ちぎり絵」として有名だが、私は彼の技術よりも感動、感情を表現する手段を得る機会があったことに注目した。彼は幸いにもそれを得ることができたが、私はその機会を「必然」として提供できるような働きかけを行いたい。
  2. ご高齢の生活困窮状態にある方の就職支援にあたることが多いが、その際に想うことがある。なぜその方が困窮状態に陥ったかを分析することも重要であるが、その方の職歴(ひとつの仕事を長く勤めたこと)に尊敬の念を抱くことだ。つまり、その方の人生を否定せず敬意を持って支援にあたることが必要である。
  3. 【資格】職業紹介責任者 職場適応援助者(ジョブコーチ) ひきこもりサポーター養成研究課程終了
  4. 【特技】芸術に興味を持っており、私自身も芸術について学んでいる。表現する媒体は「陶芸」であり、自宅に小さいながらも工房を持っている。主に湯呑、ビアカップ、コーヒーカップ、皿、とっくりなど生活に不可欠なものを作成しているが、時には観賞用の大きな壺も作成する。絵付けは、抽象化した薔薇や桔梗などの植物をモチーフとしている。私が作成した陶器を使用している方が、長く愛用していただき、「使い心地がいいね」と言ってくれると嬉しく思う。
     最近は、余暇を利用して陶芸に興味を持っている方に、陶芸を教えている。ぎこちのない手つきを見ると陶芸をやり始めたころの自分を見ているようで懐かしく感じる。
     「誰かのために」と作ったものは、形がいびつであろうとも良いものである。
    【座右の銘】「伸びる前には縮むもの」。陶芸の修業をしていたころに、なかなか上達しない自分に言い聞かせていた。幾つ造っても納得のいく形ができずに悔しくて試行錯誤、シミュレーションを重ねた結果、ふっとできるようになる瞬間があった。そうして身に付いたものは、例え何年陶芸から離れていても忘れない感覚として残っている。成長、進化をする前には、必ず停滞する。しかし、その停滞期に自身が何をするかで先が決まると思う。縮んだらきっと伸びると信じて、自分の理想とする自分になれるように努力を続けたい。

▲ TOP

指導員
  • 23
  • 箱田 哲郎
  • 平成20年度
  1. 自分史(主に箱田家のルーツ・家紋) 余暇支援ありかた 障害者雇用に消極的な企業の開拓。
  2. 就職支援、生活支援どちらも、最後まで諦めない、根負けしないことを肝に銘じて支援したい。
  3. 【資格】ホームヘルパー2級 剣道二段 将棋四段 
    【趣味】十代の頃に映画評論家を目指した時期があり、毎日のように映画を観た。1日目の昼は市川市で5本、夜は浅草のオールナイトで5本、翌日は蒲田で4本、合計2日間で14本の映画を観たのが後にも先にも自己記録である。「男はつらいよ」シリーズ48本全作観ている(全作最低2回以上を観ている)、日本が世界に誇れる映画の巨匠、小津安二郎監督の全作37本、黒澤明監督の全作30本を観ている。その他、小林正樹監督の「人間の條件」(6部構成で合計9時31分)を4回観ている。同じく小林正樹監督の「東京裁判」(4時間37分)を6回観ている。
  4. 【愛読書】山本周五郎「松風の門」 藤沢周平「蝉しぐれ」 司馬遼太郎「北斗の人」。
    【心に残った映画】邦画では、伊藤大輔監督の「王将」(昭和23年、白黒)、阪田三吉役の阪東妻三郎が圧巻、成瀬巳喜男監督の「浮雲」(昭和30年、白黒)、主演の森雅之が秀逸。洋画では、マーヴィン・ルロイ監督の「心の旅路」(1942年、白黒、アメリカ)、グリア・ガースンが実にいい。ラストシーンは感動する、ヴィットリオ・デ・シーカ監督の「自転車泥棒」(1948年、白黒、イタリア)、自転車を盗まれた親子のレストランのシーンが心に残る名作。

▲ TOP

副センター長 主任職場定着支援担当
  • 24
  • 熊谷 勇二
  • 平成20年度
  1. 社会福祉法人の人財育成について、社会福祉法人の人財育成のあり方
    これからの福祉を支える人財を育てること、また、福祉の仕事に興味や関心を持っていただけるように業務に取り組んでいく。
    主任職場定着支援員として28年4月に改定された障害者雇用における「合理的配慮の提供義務」の具体的な取り組みについて、より多くの企業様へ周知させることに努め、企業が障害者雇用を継続できるように支援を行っていきたい。
  2. 「仕事とはなにか」「なんのために仕事をするのか」を問う。
    仕事をするのは能力ではなく、人間性が強く感じられる。どんなに仕事が早くても、能力が高くても「人としての力」がなくては仕事をし続けることが困難になるケースが多くあり、逆に能力が足りなくても「人としての力」が高ければ仕事を継続していけるケースが多い、私自身まだまだ人のことを言えるほどではありませんが、私自身も成長し、多くの人たちに伝えていきたい。
  3. 【資格】訪問型職場適応援助者
    【趣味】ダンス(ヒップホップダンス)・ゴルフ(まだまだ趣味程度ですが、ゴルフを通して人と接するのが楽しい)

▲ TOP

相談支援専門員
  • 25
  • 小倉 京子
  • 平成20年度
  1. 知的障害、精神障害、発達障害など、私たちが支援をさせていただく顧客の障害を知ること。
    人は何故働くのか、働くことの意味を考えたり、仕事を継続し働き続けるには企業や障害のある方に、どのような働きかけや支援を行うのかがよいのかを考えたりするのが好きで追求している。
  2. 顧客一人ひとりとしっかりと向き合い、一人でも多くの顧客の方のニーズに沿えるよう、これまでの保育士やジョブコーチの経験を活かした相談支援に努めていきたい。
  3. 【資格】保育士 幼稚園教諭2級 職場適応援助者(ジョブコーチ) サービス管理責任者(就労分野) 相談支援専門員 千葉県障害程度区分認定調査員
    【趣味】中学校の時からバレーボールを始め、今も続けている。体が動けなくなるまで頑張りたい。
  4. 【大切にしている言葉】「ありがとう」「感心」「感動」「感謝」
    【旅の思い出】最近、台湾と韓国へ行ってきた。サムゲタンやチヂミはおいしかった。もう一度行ってみたい。

▲ TOP

指導員 マネージャー
  • 26
  • 白石 忠夫
  • 平成21年度
  1. 食を通して顧客サービスの充実を図る。
  2. 常に顧客に「美味しい」と喜んでいただけるような食事提供をしたい。
  3. 【資格】調理師免許 普通自動車免許
  4. 【座右の銘】「千里の道も万里から」「一円笑う者は一円に泣く」

▲ TOP

サービス管理責任者
  • 27
  • 兼坂 宏子
  • 平成21年度
  1. お客様の希望に寄り添った個別支援計画書、アセスメント、ケースカンファレンスの実施方法について
    【過去の研究レポートのテーマ】「自閉症について」「農業の広がり」「公文式学習の魅力について」「本気で就職するための公文式学習手順書」「公文式学習を用いた就職支援の実践に関する事例研究」「長所アプローチによる就労支援」「公文式学習教材に隠されている指導ポイント」「アンケートから見えてくるサービス提供価値の改善と向上」「思いを受け継いでいくために」「ケースカンファレスについて」
  2. 1人でも多くの方が、仕事がある喜びを得て、その方にとって充実した人生が送れるよう支援したい。
  3. 【資格】保育士
    【趣味】友人と食事をしてたのしい時間を過ごすこと。
  4. 自分や身の周りの大切な人たちが今健康で生きていることをあたり前に思わず、小さな日常のできごとにも感謝して生きていきたい。

▲ TOP

サービス管理責任者 指導員
  • 28
  • 野澤 明香
  • 平成21年度
  1. 障害者の就職支援、知的障害者の性と生活支援について。
  2. 就職支援を通じて、顧客に働くことの喜びを感じて欲しい。また、私自身も、支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、業務に従事する。
  3. 【資格】保育士、ホームヘルパー2級。
    【趣味】音楽鑑賞や好きなアーティストのライヴに行くこと。
  4. 【心に残った映画】吹奏楽部に所属していた中学3年生の頃に観た「ドラムライン」が印象的だった。楽器(ドラム)を格好良く演奏する姿に憧れた。

▲ TOP

指導員
  • 29
  • 長谷川 富太郎
  • 平成21年度
  1. 今までの長い人生で経験したこと、学んできたことの中から、若い世代に引き継いでいくべき歴史や故事来歴等を、就労移行支援のプログラムを通して伝えていきたい。
  2. 常に顧客の立場で就職について考え、行動していくことをモットーに、就職出来た時の喜びを共有し、顧客のその後の人生が充実して過ごして行けるよう支援出来れば、最高の喜びと感じていけると思う。
  3. 【趣味】時代とともに移り変わりがあり、若い頃はスポーツの選手。特に野球はピッチャー、バレーボールはアタッカー、バドミントンはダブルスでそれぞれ県大会に出た経験がある。現在はもっぱらスポーツ全般何でもTV観戦してわくわくしている。
    その他では国内旅行はもちろん、海外旅行も楽しみで今まで世界20カ国、特に世界遺産を中心に旅行している。
  4. 私の思いはピンピンコロリで皆に迷惑をかけないで往生したいという気持ちである。常に健康に気をつけて、若い方のエネルギーを頂いて出来る限り長生きをしたいと思っている。

▲ TOP

就職するなら明朗アカデミー・佐倉キャンパス キャンパス長
  • 30
  • 木内 正弘
  • 平成21年度
  1. 就職するなら明朗アカデミー・成田キャンパス開設当初からSST担当になったことで、SSTの研修に参加したり、書籍を読んだりして学習を進め、さらに、SSTの基礎である認知行動療法についても学習を深めてきた。また、以前ビジネス学校でパソコンや簿記・税務会計等の講師を務めていた経験から、成田キャンパスにおいて短期集中パソコン講座を企画提供し、現在は佐倉キャンパスにおいて簿記会計講座を企画提供している。
    【過去の研究テーマ】「精神障がい者と知的障がい者に対するSST」「認知行動療法とSST」「認知行動療法カウンセリング」「短期集中パソコン講座」「簿記会計講座」「佐倉キャンパス簿記検定試験」等
  2. お客様一人ひとりに寄り添い、それぞれの苦しみや悲しみ、生き辛さなど、心に抱えていることから少しでも解き放たれるような支援をして、皆さんが日々のトレーニングや就職活動に邁進できる状態になれるような支援をする。さらに、卒業後も職場での不安や悩みなどを自ら解決できるような支援をする。そして、職員も含め佐倉キャンパスに関わる全ての人が笑顔でいられるような環境づくりをすることを心がけ、この仕事をさせていただけることに感謝する。
  3. 【資格】日本商工会議所主催簿記検定1級 税理士試験科目合格(簿記論、財務諸表論、消費税法、相続税法) 高等学校教諭一種免許(商業) MOS(Microsoft Office Specialist)Excel Expert MOS Word Expert MOS Access MOS PowerPoint サーティファイ・オフィス・マスター(サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会) Excel表計算処理技能認定試験1級 Word文書処理技能認定試験1級 Accessビジネスデータベース技能認定試験1級 PowerPointプレゼンテーション技能認定試験 上級
  4. 【心に残った本】篠原桂年「快癒力」(サンマーク出版) 私が、病に苦しんでいるときに読んだ本で、何度も読み直した。病に対する考え方を変えることができ、寛解に向かった。私の人生の転機となった一冊。

▲ TOP