1. HOME
  2. 公益財団法人JKA 2019年度補助事業

公益財団法人JKA 2019年度福祉車両の整備補助事業完了

1.補助事業の概要

(1)事業の目的

 平成18年10月に「知的障害者授産施設・明朗塾」を障害者自立支援法の事業、「障害者支援施設就職するなら明朗塾」へ移行した。平成22年以降は成田、佐倉、八街、白井に就労移行支援事業所を開設し、平成31年8月からは就労定着支援事業も開始し就労定着支援(定員14→6名)、就労継続支援B型事業(定員46→54名)に変更、平成31年4月からは就労継続支援B型事業(定員54→44)に変更し、新に生活介護事業(定員10名)を開始、利用者のニーズも多様化しているため福祉車両整備が求められる

(2)実施内容

 公益財団法人JKAより補助を受け、移送車4(日産セレナ)1台を整備。

2.予想される事業実施効果

 以前使用していた送迎車に不具合が生じ、修理費用も高額になるところであったが、計画通り車両を導入でき、送迎体制を変更することなく送迎サービスを継続させることができた。
 さらに今までない就労継続支援B型事業等の朝夕の送迎体制の強化と生活介護事業の外出プログラム等へと活用が広がり、利用者が安心・安全に利用できるようになった。

3.印刷物等本事業に係る印刷物等  広報紙「Meiroh」

ページごと