1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第79号
  4. 第1回おざわ杯開催!!

キックベースボールとオセロゲームで職員の絆を深める

第1回おざわ杯開催!!

 平成から令和に元号が変わり、社会福祉法人光明会の職員も、日々忙しく業務に精進しています。しかし、忙しさの中、職員同士の交流の機会が少なくなっているため、今回職員の人財育成を担当する「キャリアデザイン部」が主催して、職員同士の絆を深める場として「おざわ杯」を開催しました。この杯の名前は理事長である小澤定明から取っており、体育の部でキックベースボール、文化の部でオセロゲームを開催しました。この「おざわ杯」をきっかけに職員の絆が深まり、職員間の親睦が深めるよい契機となりました。

キックベースボール

炎天下の中“暑い”闘い

 おざわ杯体育の部、キックベースボールでは、総勢36名の職員が、炎天下のなか熱い汗を流していました。約10名の職員でチームを作り、4チームに分かれ力の限り戦いました。決勝戦では、因縁のライバルチームとの接戦の結果、優勝したのは社会福祉充実推進本部、小澤孝延本部長率いるチームでした!優勝したチームには、小澤定明理事長から、トロフィーと就職するなら明朗塾で栽培されているにんにくの芽が贈呈されました!おめでとうございます!

オセロゲーム

職員の笑顔がまぶしいオセロゲーム

 おざわ杯文化の部、オセロゲームでは総勢25名の職員が、脳に汗をかきながら素晴らしい頭脳戦を展開しました。今回のオセロゲームは、おざわ杯特別ルールで、1チーム3人の団体戦でした。一人一手ずつ交代で指すため、3人のチームワークを必要とします。そんな手に汗握る頭脳戦を制したのは、就職するなら明朗アカデミー・八街キャンパスの高橋大輔指導員率いる「かりあげ」チームでした。おめでとうございます!

第1回おざわ杯は、体育の部、文化の部とも、職員が楽しく親睦を深める場として大成功に終わることができました。次回のおざわ杯は11月にボーリング大会を予定しています。社会福祉法人光明会は令和の年も職員間の絆を大切に障害者支援に邁進していきます。

(文責 副施設長 兼坂 渉)