1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第76号
  4. SST企画開発会議始動

より良いプログラムのために

~SST企画開発会議始動~

SSTとは

グループにて意見交換を行います

 SSTとはSocial Skills Training”の略で「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれています。SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる新しい支援方法で、対人関係を中心とする社会生活技能のほか、服薬自己管理・症状自己管理などの疾病の自己管理技能に関わる日常生活技能を高める方法が開発されています。現在では、医療機関や各種の社会復帰施設、作業所、矯正施設、学校、職場などさまざまな施設や場面で実践されています。家庭や職場訪問など地域生活の現場での支援も行われています。精神障害がある人たちをはじめ、社会生活の上で様々な困難を抱えるたくさんの人たちの自己対処能力を高め、自立を支援するために、この方法が広く活用されています。

(一般社団法人SST普及協会ホームページより)

 就職するなら明朗アカデミーの各キャンパスでは、開所当初よりSSTを実施しており、家庭などの日常生活や職場を想定してのロールプレイを重ね、実際の場面において、上手に行えるようにしていきます。

SST企画開発会議

 社会福祉法人光明会では、平成30年度からSST企画開発会議を隔月で開催しています。SST企画開発会議では、各キャンパスで提供しているプログラムについての意見交換や振り返りを行い、より良いプログラムの開発に向けて協議しています。
 また、新人職員に向けた法人内での研修の企画や、外部の研修会への参加計画等を考えています。今年度はSSTの基礎理解、アサーション・トレーニングについての研修を企画しております。今後も職員一人ひとりがSSTの理解を深めていけるような企画をして、より良いプログラムを開発し提供することで、様々な困難を抱える多くのお客様の自己対処能力を高め、自立するための支援をしていきます。

(文責 指導員 森田拓実)

SST企画開発チーム 職員紹介

指導員 森田 拓実
指導員 秋山真之介
指導員 箱田  舟
指導員 金井 慧宙