1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第76号
  4. 就労定着支援事業

障害のある方の職場定着に向けた新サービスの創設

就労定着支援事業

 平成30年4月1日施行となった改正障害者総合支援法において、新たに『就労定着支援事業』が創設されました。就労定着支援事業とは、就労移行支援等、障害福祉サービスを利用し、一般就労に移行した障害のある方に対して、就労に伴う生活面の課題等に対応できるよう、一定の期間(最長3年間)にわたり行うサービスです。

 就労定着支援事業の主な支援内容は、企業や自宅等の訪問、または、来所によりご本人の体調、生活リズム、作業内容、対人関係等に関する問題解決に向けて、企業及びご家族、その他関係機関との連携を行い、指導・助言等の支援を実施します。また、就労定着支援事業のサービスを受けられる方は、生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援を利用して一般就労した障害のある方で、就労に伴う環境変化により生活面の課題が生じている方が対象となります。
 下記の表は、就労定着支援事業の主な流れです。

 社会福祉法人光明会では、すべての就労移行支援事業を実施する事業所で、就労定着支援事業を実施します。
 まず、就職するなら明朗アカデミー・白井キャンパスが、平成30年4月1日から、就職するなら明朗塾が  8月1日から就労定着支援事業を実施しています。各事業所においても下記のとおり順次、実施いたします。

事業所名 就労定着支援事業の開始時期
就職するなら明朗アカデミー・白井キャンパス 平成30年4月1日~
就職するなら明朗塾 平成30年8月1日~
就職するなら明朗アカデミー・八街キャンパス 平成30年9月1日~
就職するなら明朗アカデミー・成田キャンパス 平成30年10月1日~
就職するなら明朗アカデミー・佐倉キャンパス

 当法人では、就職することがゴールではなく「仕事のある充実した人生」の実現に向けて、お客様が職場に定着し、人生に仕事がある喜びを体現していただきたいと考えています。そのため、就職されたすべてのお客様に就労定着支援サービスのご利用をお勧めしています。利用契約に関しては、各事業所のサービス管理責任者へお問い合せください。

お客様・企業担当者様の声

P様 男性 職種:農業関係

 仕事の様子を見に来てくれるだけでなく、体調面や仕事に関する相談に乗ってくれて、迅速に対応していただいています。就労定着支援事業が始まって、すごくありがたい。これからも、休まず普段どおり仕事をしていきたい。

Q様 女性 K様の担当者様

 定期的な面談を通して、仕事や悩みの相談など、1つの窓口になっていただけるので、とても安心しています。ご本人が、笑顔で積極的に仕事に打ち込んでおりますので、これから様々な面で支援をお願いいたします。

R様 男性 職種:農業関係

 いつも様子を見に来ていただいて、とても助かっています。仕事のサポートや相談に乗ってくれるので、とても安心しています。これからもよろしくお願いします。

Z様 男性 R様の担当者様

 本人に対して、丁寧に対応していただいて、とても心強い。勤務を開始した昨年の10月から、一度も休まず出勤しています!これからも引き続き元気よく働いてもらいたいので、サポートをよろしくお願いします。

就職するなら明朗アカデミー白井キャンパス 就労定着支援事業のオススメポイント

就労定着支援員 森田 拓実

 障害福祉サービスでは、就職後6ヵ月以降のサポート制度がありませんでした。
 今年度から始まった就労定着支援事業では、長く仕事を続けていけるようにサポートできます。
 ご本人が、会社に伝えづらいことや、悩んでいることの解決に向けて必要な支援をさせていただきます。ご本人、ご家族、企業の方と共に頑張っていきます!

指導員 斎藤 信明

 いざ、就職が決まり働いてみると「作業内容が分からない・・。」「あの人に会いたくない・・。」「疲れたから今日は休もうかな・・。」等、様々な困難にぶつかります。就労定着支援事業では、お客様、企業の担当者様、そしてご家族様との連絡を軸に、皆さまが今の職場で長く働けるよう、仕事の内容や対人関係、体調面等、現状の課題解決に向け、幅広く支援させていただきます。

(文責 指導員 斎藤信明)