1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第73号
  4. 交換研修報告 社会福祉法人つかさ会

工賃向上の実現に向けて

指導員 中村 翔

 平成29年11月15日(水)~11月17日(金)に、長崎県にある社会福祉法人つかさ会に職員交換研修に行き、たくさんの学びを得てきました。  交換研修1日目は、長崎空港より社会福祉法人八幡会が運営する障害者支援施設「あかつき学園」と社会福祉法人つかさ会が運営するグループホーム「たちばな」の見学をしました。

水産班の養殖場

 障害者支援施設「あかつき学園」では、多機能で施設入所支援事業を中心に就労継続支援B型事業、就労移行支援事業、生活介護事業を行っています。

 就労継続支援B型事業、生活介護事業の見学では水産班、被服班の作業見学をしました。作業見学で特に驚いたのは、水産班の作業です。作業内容は、自主生産として真鯛やシマアジ等の養殖を行っていました。そこには、利用者の方々が、私が船の上で歩くより手慣れたスピードで作業をこなす姿があり、安全面に配慮しながら海上で作業が行われていたことは驚きでした。

 その後、グループホーム「たちばな」を見学しました。将来一人暮らしを目指す利用者に対してサテライト型のグループホームがあり、利用者の方が一人暮らしをできるように向けた支援を行っていることを聞きました。

それぞれの人が見せる職人技

 交換研修2日目は、社会福祉法人つかさ会ノーブル見学と長崎市内での平和学習の視察をしました。社会福祉法人つかさ会ノーブルは、多機能型事業所で就労継続支援A型、就労継続支援B型事業でした。作業はアイロンプレス仕上げ加工を中心に行う縫製事業、そうめん、うどん、ちゃんぽん等の麺加工、商品の箱詰め、販売を行う製麺事業、事業所の給食準備をする給食事業、地域のイベントなどにおいて冷凍うどんなどを調理して販売を行う物販事業を行っていました。その中の縫製事業の作業体験をしました。

 その後、長崎市内へ行き、平和学習として、生まれて初めて国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館と大浦天主堂を視察しました。原発資料館では、衝撃を受けました。先人がいて、私たちの平和な日常があると実感しました。

(文責 指導員 中村 翔)

(諫早ワークス、ウエス加工作業風景)

 交換研修3日目は、社会福祉法人つかさ会諫早ワークス、長崎障害者就業・生活支援センター、長崎県発達障害者支援センターしおさいの見学をしました。
 諫早ワークスでは、就労継続支援B型と就労移行支援事業を行なっていました。作業としてはポリ袋加工、内職作業、工業用ウエス加工、印刷業務受託作業、施設外就労では、ささみ肉の加工を行っていました。
 就労移行支援事業では、月・水・金曜日は公文式学習を用いた学習指導を行い、火・木曜日は作業を行っていました。利用者は立位で集中して作業に取り組んでいました。

 その後、長崎障害者就業・生活支援センターに行き、現在取り組んでいることについて説明を受けました。地域ごとの最低賃金の違いや定着支援の在り方、精神障害のある方の支援について、意見交換をしました。
 最後に、長崎県発達障害者支援センターしおさいに行き、事業の取り組みを説明していただきました。長崎県で唯一の事業だけに、支援を求めている人たちのニーズに応えきれていないのが課題とのことでした。

 今回の交換研修では、工賃算定の仕組みや平均工賃、高い工賃の支払金額、受託作業の売上金額に注目しました。
 就労継続B型事業での工賃算定は、出勤評価ではなく、全作業量を利用者がカウントと作業の種目別難易度による支払金額の変動を記録で管理し、工賃に反映していました。
 今回の研修を通して、私が明朗ワークス(八街市障がい者就労支援事業所)で徹底することは、受託作業の売上を伸ばし、お客様の工賃向上を第一に考えることです。そのために、作業時に一人どのくらい作業をおこなえるかを検査し、記録管理する仕組み作りを行います。

(文責 指導員 中村 翔)

  • 社会福祉法人つかさ会
  • 所在地:長崎県 諫早市
  • 実施している福祉サービス
    生活介護、就労継続支援A型、就労継続支援B型、日中一時支援事業、ケアホーム、グループホーム

 わたしたちつかさ会は、障害ある方の社会参加を目的に1991年に設立された社会福祉法人です。障害のある方は「はたらきたくてもはたらく場所がない」「いっしょに働く仲間がいない」など、はたらくことを希望しても、なかなかかなえられない現実があります。
 わたしたちつかさ会はこうした障害のある方の希望を実現するために設立しました。
 はたらくことは障害があってもなくても等しく与えられた権利です。
 わたしたちつかさ会の使命は、障害のある方の夢や願いを実現することにあります。ぜひ、この夢や願いをひとつでも多く実現するためみなさまのご理解とご支援をお願い致します。