1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第72号
  4. 第34回明朗研究研修会

人間性を高める挑戦!学びをカタチに!!

第34回明朗研究研修会

 平成29年8月26日(土)に第34回明朗研究研修会を就職するなら明朗塾研修棟で開催しました。
 社会福祉法人光明会の職員は、自らの支援のあり方や専門性を高め、自らの最高の仕事を追求するため、年2回の研究レポートを作成します。テーマは自由ですが、障害のあるお客様への支援についてや事業所の環境をさらに良くするための提案、自分が追求していきたい分野の考察など、それぞれの学びをカタチにするため、レポート作成に取り組みます。
 今回の平成29年度上期研究成果発表会では、下表の発表者が研究レポートを発表しました。

レポート発表

  • 戦争を知らないこどもたち 歴史系博物館展示についての考察
    指導員 中平 裕子
  • 報徳ファンドのガバナンス強化
    総務部長 鈴木 幸子
  • 本気の光明会マネジメントシステムの構築に向けて
    学 長 小澤 啓洋
  • 人生を点ではなく線で捉える!
  • 飛躍とは今の自分を超えること!
  • 組織作りは経営者の本気度!

ゼミナール

  • 副センター長 村田かおりゼミ
  • 指導員 森田志織ゼミ
  • 指導員 藤井佳奈ゼミ
  • 良い職場環境について考える
  • 就職支援について熱く語る
  • 公文式学習からの顧客支援

 また、レポート評価優秀者によるゼミナールを開催し、レポートへの取り組み方や熱き想い、実践経験談などをゼミナール参加職員と共有しました。この研修会では、日常的な学びの姿勢と、仲間の喜びを尊敬し称賛する職員の姿勢が育まれました。

(文責 相談支援専門員 幸島 繁)