1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第72号
  4. 第18回めいろう夏まつり

第18回めいろう夏まつり実施報告

  • 来場者の方々へ
    小澤孝延本部長のご挨拶
  • 雷光炎舞「かぐづち-KAGUZUCHI-」のパフォーマンス

 平成29年8月1日の「第18回めいろう夏まつり」開催にあたり、ご多用中にもかかわらずご来場・ご出店・ご出演・ご協力いただき、また励ましのお言葉・ご芳志を賜り心から感謝申し上げます。18回目を数える今年の夏まつりは、真夏の炎天下での開催による「熱中症」や「脱水」の危険、夏まつり出店や出演、夏まつりスタッフ等関係者の健康等に配慮し、開始時間を例年の13:30から16:00に変更しました。地域コミュニティ醸成のために次代を担う子たちが生涯忘れられない感動が得られるような参加型、体験型を基本とし「地産地消」や地域の素晴らしい「ひと」「もの」「こと」の再発見ができる様々なきっかけを盛り込みました。ステージでは、雷光炎舞「かぐづち-KAGUZUCHI-」による圧巻のファイヤーパフォーマンス、馬頭琴奏者美炎さんによる幻想的な生ライブをメインに、本格グルメ屋台での地元産食材を使用した「地産地消メニュー」や成田ゆめ牧場とコラボした八街産「ジンジャー」「キャロット」「イチゴ」「落花生」のジェラート、木や竹を使用したワークショップ、サンブスギ鉋屑の「森のプール」、棕櫚の葉での昆虫作り、来場された皆さんとで創り上げる落花生の殻での貼り絵アート等が並び、特に「八街最大!大花火打上」は更にパワーアップ!! 雨天のため実施できなかった演目がいくつかありましたが、会場内のあちらこちらで、子たちの喜びの声と笑顔があふれ、感動が広がりました。近い将来、地域を担う人財に成長していることを願ってやみません。当日はお足元の悪い中にも関わらず、12,500名にご来場いただきましたことは、関係者をはじめお力添えいただきました全ての皆様のお陰と心より感謝申し上げ、御礼のごあいさつといたします。

(文責 社会福祉充実推進本部 本部長 小澤孝延)

めいろう夏まつりスタッフ特集
  • 縁日
  • ワークショップ
  • 落花生アート
  • 雷光炎舞
  • 馬頭琴

 今年も様々な方々にめいろう夏まつりを盛り上げていただきました。また落花生の殻を使った落花生アートはご参加いただいた皆様の協力をいただき完成しました。

(文責 副センター長 熊谷勇二)

  • 販売に向けて準備しなきゃ!
  • 最高の笑顔でお客様をお迎えしました

 今年は例年以上の方々にめいろう夏まつりスタッフとしてご協力をいただくこととなりました。特に今年は雨天の中での開催となり、臨機応変な対応をお願いすることも多々ありましたが、終わったあとには「来年もまた参加させてほしい。」、「来場された方より自分たちの方が楽しんでました。」などの声が聴けたことを嬉しく思います。来年も多くの方々に夏まつりスタッフのご協力をいただき、スタッフの皆さん自身も楽しみ、共に夏まつりを通しての感動体験ができるようにしていきます。

(文責 就業支援担当 森田拓実)