1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第72号
  4. アスム自閉症支援研修

自閉症の理解を深め適切な支援ができるように

アスム自閉症支援研修

株式会社アスム療育・研修センターについて

 株式会社アスム療育・研修センターは、2015年に創業し、自閉症スペクトラムと診断されている方(15歳まで)の療育や保護者・支援者向けの相談、ご家族や支援者のための各種研修、支援の現場に出向いてのコンサルテーションという事業を行っております。私たちは特性理解に基づき、一人ひとりに合ったオーダーメイド支援を提供し、ご家族・支援者と協働し、地域への自閉症スペクトラムに対する理解を拡げております。私たちは自閉症スペクトラムの支援について、更なる良質な療育と情報を提供できるよう日々努めております。

私たちがなぜ【株式会社】なのか

 私たちは、ご家族や支援者の方の「今やらなければならない・今やりたい」に対して、良質な支援で応えるため、また利用者様に自閉症スペクトラムまたはその傾向があるとわかった時、また何をしなければならないかを真剣に考える親御さんに「今」私たちができることの全てを提示するためには、「会社」という形態がその実現のために最適だと考えたのです。これは、今までにない新しいアプローチです。既存の組織にはない形で、幼児期から成人期まで切れ目のない支援の可能性を探っていきたいと我々は考えております。療育は、ゴールのない長い道のりです。決して走る必要はありません。私たちと一緒に少しずつ歩いていきましょう。ペースは人によって様々です。私たちはそのペースを尊重し、支援をひとつずつ「オーダーメイド」で作り上げていきます。

研修

自閉症スペクトラム支援への学びは幅広く深いものです。私たちはできるだけ多くのことをわかりやすくお伝えします。実践から学ぶこと、現場に学びを活かすことを大切にしています。私たちは、様々なテーマや方法で研修の場を用意しております。私たちの願いは、「自閉症に関わる人の誰もが自閉症の理解を深め、考え方を共有し適切な支援ができるようになること」そして、「自閉症のある人とその家族が安心して幸せに暮らせること」なのです。

コンサルテーション

 「自分たちではどのように支援すればいいかわからず、行き詰まっている…」「もっといい方法はないのだろうか…」「この支援方法でいいのだろうか…」など、このような現場での不安を解消するお手伝いをするのが、アスムのコンサルテーションです。私たちが行うコンサルテーションは、スタッフが継続的に支援の現場に出向き、利用者様の行動観察や手立てを試した後に話し合いを行います。そして、実践が積み重ねられるように定期的に訪問を行います。それは、よくある現場への“指導”とは少し違っております。何故なら、私たちは現場の支援者の方々を専門家として尊重しているからです。そのため、日々接している担当者の方たちの気づきを大切にするため対等な関係で話し合いを行います。私たちは支援者の方のニーズに耳を傾け、その方が自分の力で考え実践していけるようにアシストすることを心がけております。同時に、その現場全体で障がいの特性と支援の共通理解を図ることも重要だと考えております。現在、私たちがコンサルテーションで訪問しております「就職するなら明朗塾」様につきましても、同様のサービスを提供させていただいております。


株式会社アスム療育・研修センター 代表取締役 大宮 弘人
元・就労継続支援施設指導員。良質の自閉症支援を本人・家族・支援者に伝えるため、2015年4月に株式会社アスム療育・研修センターを設立。各種セミナー、研修会、講演会における講師活動及び学童期におけるライフスキルトレーニングや、成人施設のコンサルテーション支援も行う。