1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第71号
  4. 第3回桜ウォークラリー

第3回桜ウォークラリー

~春を桜を歩いて見て感じよう~

 第4回花桜菜まつりと同時開催で第3回桜ウォークラリーを開催しました。桜ウォークラリーとは、個人または5名以内のグループで参加者の体力に合わせ、春を、桜を五感で感じながらコマ図にしたがってチェックポイントを探し、クイズを解きながら、約6.5kmのコースを楽しく歩き、設定時間でゴールを目指すものです。
 チーム数は昨年と同様の数でしたが、今年は27名8チームが参加しました。
 今年のコースは、就職するなら明朗塾の桜だけではなく、八街市内の桜の名所を巡るようにした結果、スタートを千葉黎明高校、ゴールを就職するなら明朗塾に設定しました。

数え方は「いず、ぬ、さん、す」

 スタート地点の千葉黎明高校では、東北地方を元気づけるために生み出された、宮城県石巻市の方言を使った「おらほのラジオ体操」を準備運動として行いました。
 八街市二区青少年相談員の秋山幸公子様と福田浩章様に協力していただき、参加者の方たちとともに元気いっぱい身体を動かしました。
 参加チームにウォークラリーコマ図を配付し、各チームがスタート!チェックポイントを目指してレッツゴー!!

当たりをひけますように・・・

 各チェックポイントでは、八街の歴史クイズやけん玉、じゃんけん、くじ引きのシンプルながらも奥深いゲームを行い、順位に関係するポイントを稼ぎました。
 ゴール後は、ウォークラリーの疲れを癒してもらうため、八街市にある富士アイスの名物「志まん焼き」あんことクリームの二種類を参加賞として用意しました。
 参加者は「富士アイスの志まん焼きが、食べれるなんてラッキー!」「とても美味しい!」と喜んでいました。

歓喜の瞬間☆彡

 表彰式では、各チェックポイントでの得点、そしてゴールタイムを集計し、1位から3位までのチームに社会福祉法人公明会小澤定明理事長より、メダルの授与がありました。 さらに副賞として、八街市社会福祉協議会にご協力いただき、石毛勝会長より東北の特産品をプレゼントしました。
 運営に携わったボランティアの方々ありがとうございました。

(文責 指導員 内藤夢貴)