1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第71号
  4. 第4回花桜菜まつり

第4回花桜菜まつり

~土に親しむ・花を愛でる・人がつながる~

平成21年に社会福祉法人光明会理事長小澤定明の友人が発起人となり「八街市に桜の名所を創りたい」と桜植樹の呼びかけを始めたのが花桜菜まつり開催の起源であり、今回で第4回目の開催になりました。
第4回花桜菜まつりには様々なジャンルの方々に集まっていただき、演舞や演奏をご披露いただきました。

ダウン症を持つ子と親の会ジュピター

イベントの幕開けでは、お馴染み「ダウン症を持つ子と親の会ジュピター」には、第4回花桜菜まつりのオープニングセレモニーでヒップホップダンスを披露していただきました。
ダンス前は緊張している様子でしたが、舞台に上がれば、練習の成果を発揮し、とても楽しそうな表情で踊っていました。
オープニングにふさわしい軽快なダンスで、会場にさわやかな風を吹かせてくれました!

障害者支援施設ピアしらとり

茨城県筑西市から「障害者支援施設ピアしらとり」の皆様にお越しいただきました。
「ピアしらとり」は施設での活動として、しらとり太鼓を障害のあるお客様と一緒に演奏をしています。
演奏が始まると太鼓の音や舞龍の迫力はすさまじく、演奏を見ていた会場の誰もが圧倒されていました。
演者の熱気が伝わる最高のパフォーマンスをご披露いただきました。

和楽器演奏 世古知巳(ともみ)

 第4回花桜菜まつりのクロージングセレモニーには北海道の和楽器演奏者の世古知巳(せこともみ)様にお越しいただきました。世古様は太鼓・篠笛・チャッパ(小さなシンバルのような楽器)のプレイヤーとして活動。ソロ演奏の他にジャズピアニストとのユニット『風空音(ふくね)』、ジャズバンド『即興ジャズ楽団』のメンバーとしての演奏。オペラ団体とのコンサート、朗読と音楽のユニットで演奏等活躍されています。本イベントでも篠笛、チャッパ、太鼓の演奏がありました。
 会場から自然と湧き出たアンコールに快く応えていただき、観客の心が温かい気持ちになったのではないでしょうか。
 第4回花桜菜まつりには、その他にも総合武術立身流演武による居合、長刀の演武をご披露いただきました。体験プログラムでは華道、茶道、また八街市在住の方ならお馴染みの「御菓子司おきなや」監修による和菓子作成体験など、日本の伝統文化を学べるプログラムをご用意しました。
八街市のマスコットキャラクター「ピーちゃん、ナッちゃん」も駆けつけ、子どもたちの笑顔がたくさん生まれました。

(文責 副施設長 兼坂 渉)