1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第69号
  4. 相談支援事業

みて・きいて・かんじる そして…つながる
やちまたふくしフェスタ2016

 平成28年9月17日(土)に、相談支援事業所明朗塾が事務局を務める八街市地域自立支援協議会主催(共催:八街市社会福祉協議会)による「やちまたふくしフェスタ2016」を八街市中央公民館で開催しました。今回で2回目の開催となった「やちまたふくしフェスタ2016」は、障がいのある方もない方も共に生活しやすい地域づくりの一環として、本企画の企画者である、おとな部会座長の沖山陽子氏が委員長となり、当事者団体、ボランティア団体、福祉サービスを提供している事業所等、50団体を超える関係団体により実行委員会を組織し、行政など協力を得ながら創りあげました。
 会場には八街市のゆるキャラ「ピーちゃん・ナッちゃん」千葉県のゆるキャラ「チーバくん」も集合。当日のステージプログラムでは、オープニングセレモニーとして、城西国際大学吹奏楽団・Stardust Kidsによる音楽と手話とダンスのコラボレーションが披露されました。
 会場内では『最新の介護支援ロボットなどが展示された福祉機器展』『各種障がいの体験ブース』『物販エリア』『健康・子ども・発達・認知症サポーター養成講座などの学びエリア』『芸術鑑賞とおしゃれカフェがコラボしたイートインコーナー及び作品展』があり、各ブースでは来場者が様々な体験をしていました。
 クロージングセレモニーでは、めいろう夏まつりでもお馴染みの「ダウン症を持つ子と親の会ジュピター」による手話ダンスと、トートバックアンサンブルのセッションが披露され、会場が一体となった素晴らしい空間が創造されました。「やちまたふくしフェスタ2016」には850名を超える方に来場いただきました。
 『やちまたふくしフェスタ』は来年度以降も継続して開催していきます。みなさまのご来場をお待ちしております。

(文責 相談支援専門員 幸島 繁)

相談支援事業所 明朗塾

 相談支援事業所「明朗塾」では、特定相談支援事業を通じて、障害のあるお客様の相談支援や福祉サービスの利用調整を行っています。その件数は年間100件以上です。これまで福祉サービスの利用調整を行う中で培ってきた相談支援専門員ならではの着眼点で、障害のあるお客様の希望を実現できる事業所をどのように選べばよいのかを共に考え、サービス等利用計画書を基にサービス調整をさせていただいています。何かお困りごとがありましたら、まずは私たちにご相談ください。
問い合わせ先 TEL043-442-0101 担当:小倉京子