1. HOME
  2. 広報紙めいろうバックナンバー
  3. 第68号
  4. 第17回めいろう夏まつり

子たちの夢をシャボン玉に乗せて!!

第17回めいろう夏まつり御礼

 平成28年8月1日の「第17回めいろう夏まつり」開催にあたり、ご多用中にもかかわらずご来場・ご出店・ご出演・ご協力いただき、また励ましのお言葉・ご芳志を賜り心から感謝申し上げます。
 当日は、約17,800名のお客様にご来場をいただきました。17回目を数える今年の夏まつりは、次世代を担う子たちが生涯忘れられない感動が得られるような参加型、体験型を基本とし、常に新たな提案をし続ける地域開放型のイベントを目指しました。さらに、絆の再生、地元八街市の街づくりの役割を担うため「八街最大!大花火打上」、子たちの働く体験「おしごとセンター」、全日本トライアル選手権の国際A級スーパークラスライダー野本佳章さんによる「バイクトライアルショー」、シンガーソングライター小田朋美さんによる生ライブ。本格グルメ屋台では、また、八街産食材を使用した「地産地消メニュー」、恒例となりましたはしご車搭乗や地震体験等で盛り上がりました。当日、会場内のあちらこちらで、子たちの喜びの声と笑顔があふれ、感動が広がりました。近い将来、地域を担う人財に成長していることを願ってやみません。
 そして忘れられないのが、17回目で初となる開催時間帯の「降雨」で、18時30分頃から約30分間プログラムが中断しました。そのため、一部プログラムの変更を余儀なくされましたが「八街最大!大花火打上」まで、無事に事故0件で完了することができました。しかし、花火打ち上げ終了後、降雨の影響で駐車場の泥濘(ぬかるみ)にはハマってしまった車両が十数台!男性職員一丸となり最後の力を振り絞り、何とか救出!記憶に残る夏まつりとなりました。
 開催にあたり、皆様から心温まるご芳志を頂き、また、関係者をはじめお力添えいただきました全ての皆様のお陰と心より感謝申し上げ、御礼のごあいさつといたします。

(文責 施設長 小澤孝延)

「八街最大!大花火打上」  八街の夜空に、子たちの夢を乗せ大輪の花が咲きました

めいろう夏まつりで子たちに夢を届けたシャボン玉

メインステージ

  • 開会挨拶
  • 小澤定明理事長挨拶
  • シンタロウダンス教室
  • バイクトライアルショー
  • 17周年セレモニー
  • ハピネスダンススクール
  • VENUS BELLY DANCE
  • ウラケン
  • 幕張総合高等学校DOHOPS

 第17回めいろう夏まつりは、途中で雨が降ることもありましたが、多くの出演者様のおかげで大盛況でした。様々なパフォーマンスでたくさんの方々に感動と夢を届けられました。出演された皆様に改めて感謝の言葉を送らせて頂きます。ご出演ありがとうございました。

(文責 指導員 秋山真之介)

未来をつくる子たちに正しいキャリア概念を!

第17回めいろう夏まつり~おしごとセンター~

模擬店の商品を猛アピール!

 おしごとセンターでは、仕事は自分のためにやるのではなく、誰かを幸せにすることを「働く」と考えます。これが光明会の考える正しいキャリア概念です。おしごとセンターでは、これらの「働く」を実現するため、昨年に続き、第17回めいろう夏まつりの一部の業務を活用し、子たちにおしごと体験を企画しました。仕事は、楽しいことだけでなく、大変なことも併せて体験することにより、体験後に達成感や満足感などを得ることができます。参加した「子ども夏まつりスタッフ」には参加賞として、会場内で使える300円分の金券をもれなくお渡しいたしました。おしごとを体験希望する多くの子どもたちは、はじめは300円の金券が欲しくて応募してきましたが、体験後は、達成感や満足感など金券以上のお給料を得る体験ができたと感想を話していました。
おしごとセンターで目指すところはまさにお金のために働くことではなく、他者の幸せや大切な者を守るために働くということです。 これは夏休みの貴重な体験となり、正しいキャリア概念の形成に役に立つことと信じます。

今年は、な・な・なんと108名の子ども夏まつりスタッフが参加いただきました!

みんなでゆるキャラの道案内中

 今年は4歳~15歳までのお子さんに「子ども夏まつりスタッフ」と称して、会場内のいくつかのお仕事を体験いただきました。(3歳以下のお子さんは、中学生以上の保護者が同伴であれば参加可能です)。今年のおしごと体験内容では、下表のとおりです。
 好きなおしごとを6つの中から選んで体験していただきました。合計108名のお子さん達が汗びっしょりになって、最後まで頑張ってくれました。
 一番人気のおしごとは、やっぱり有名ゆるキャラの道案内「ゆるキャラさんこっちですよ~!」と会場内のゴミ拾い「セーフティークリーン」でした。昨年体験いただいたお子さんの参加も見られ、正しいキャリア概念の形成に大いに役立ったのではないでしょうか。

  おしごと名 時間 おしごと内容
1 まつりだ!縁日だ!ワッショ~イ! 30分 縁日における業務全般の補助業務。
2 セーフティークリーン 30分 会場内のゴミ拾い、会場内の無帽の子たちへの声かけ。
3 ゆるキャラさんこっちですよ~! 30分 ゆるキャラの出演時間に合わせて、ゆるキャラの進路確保。進路確保のため専用プラカードを掲げる。
4 もぎ店だよ!
めざせ日本一の営業パーソン!
30分 模擬店の前で、模擬店商品の紹介やチラシを配布する業務。決して客引き行為ではありません(笑)
5 めざせ!アナウンサー 5分 メインステージにおけるプログラムの合間を活用し、イベントや販売商品等の紹介をアナウンスする。
6

熱中症予防!雨の妖精Jr. 30分 雨の妖精と共に会場内のお客様へ専用の噴霧器や水鉄砲で水をかける業務。

社会貢献部は、子どもたちの「笑顔」がやりがいです!

はじめて見るカブトムシ

 社会貢献部では、もう一つの目玉企画として「カブ採り行こうぜ!」「ザリ釣り行こうぜ!」「こどもバ~」も行いました。今回はカブ採り行こうぜの紹介。カブトムシ、クワガタ合わせて100匹、ザリガニ100匹を無料配布しました。もらったカブトムシを大事そうに抱え、パパ・ママに自慢げに見せるその笑顔は、親にとっても我々社会貢献部にとってもまさにプライスレスなのです!
 社会貢献部は、この子どもたちの笑顔から何を学び、何をするべきなのか。それを行動するのがミッションなのだと感じました。

(文責 社会貢献部社会貢献室 猪野由三子)

たくさんの笑顔と元気を来場者に届けていただきました!

第17回めいろう夏まつりスタッフ特集
  • 準備はいいかしら?
  • 完売目指します!
  • 輪投げが的にかかるかな?!
  • 暑さに負けない!
  • カブトムシを大切に育ててね♥
  • 世界に1つだけの水中花を作ったよ

 第17回めいろう夏まつりには、53名の夏まつりスタッフ(ボランティア)の方々にご協力いただき、受付や模擬店、縁日、おしごとセンターなどの運営をお手伝いいただきました。
 当日は、開催中に豪雨に見舞われるというめいろう夏まつり始まって以来のハプニングもありましたが、皆様からのパワーをいただき、無事に夏まつりを終えることができました。職員一同、夏まつりスタッフフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。毎年恒例となっているめいろう夏まつりは、皆様のご協力が必要不可欠です。今後も、夏まつりの際には、ぜひご協力いただき、子たちが誇れる街づくり、めいろう夏まつりを共に体験し、最高の思い出を作りましょう。

(文責 訪問型職場適応援助者 小川由美枝)