[HOME] - [広報紙めいろうバックナンバー] - [第22号] - [八街コンサート&めいろうフェスタ]

「またぜひ聴きに来たい!」

土気シビックウインドオーケストラ 八街コンサート&めいろうフェスタ

 プロ並みの腕をもつアマチュア吹奏楽団としてたいへん名高い、「土気シビックウインドオーケストラ」をお招きし、八街市中央公民館にて平成17年2月20日に、明朗塾主催のコンサートを開催しました。

 コンサートに先立ち午前10時にスタートした「めいろうフェスタ」。スタッフの「いらっしゃいませ!」の大きな声に、明朗塾の授産品販売店やカレー、寿司などの屋台にはあっという間にお客様の列ができました。アンケートによれば、コーンポタージュ、コロッケ、肉まんが特に好評でした。

 チケットを手に12時30分の開場を待つお客様の列。吹奏楽部に所属している中高生のほか、ポスターをみて、という一般市民の方が多く来てくださいました。会場案内係が不足している、とのご指摘もありました。13時より来賓あいさつの後、開演です。
 このコンサート&フェスタは初めての試みでしたが、来場者数400名、演奏者・スタッフ120名で無事に終えることができました。
 演奏曲目は、「主よ人の望みの喜びよ」、「ダッタン人の踊り」、「童謡メドレー」、「美女と野獣」などでした。また小中学生30名との合同演奏では、「ジュピター」、「大きな古時計」、2005年度コンクール課題曲「春風」を演奏しました。

〜アンケート結果より〜

 すべてがすばらしかった。楽しいひとときだった/ダッタン人の踊りがすばらしかった/ステージと客席との距離が近くて良かった/楽器紹介が楽しかった/明朗塾の司会者が良かった/感激して涙がとまらなかった/八街市に来てくれて本当にありがたい、これからもぜひ来てほしい/合同演奏がとてもよかった。もっと増やしてほしい/ディズニーメドレーや宮崎駿の映画音楽を演奏してほしい/誰でも知っている曲をもっと聴きたい/自分たちの演奏にぜひ生かしたいと思った/客席からステージが見えにくい/指定席にして、入場をもっとスムーズにするべき/並ぶ列を2〜3列にするとよいのでは/入場時、会場をサポートする人が少ない/演奏が始まるまでが長すぎた。その分演奏を聴きたい/売店・休憩室・ろうかが混雑しすぎていた/売店のものは安くてどれもおいしかった  など

「とても気持ちよく演奏することができました!」

土気シビックウインドオーケストラ 鈴木善喜 団長より

 このたびは、八街コンサートに呼んでくださってありがとうございました。地元でないところでの演奏会ということで、お客さんが本当に集まるのだろうか……という不安があったのですが、打ち合わせを重ねていくうちに徐々に不安はなくなっていきました。
 そして当日、天気の良い貴重な日曜の午後にも関わらず、たくさんのお客様がお越しくださいました。私たちの見えないところで、スタッフの皆さんが動いてくださったのでしょう。たくさんのお客さまのあたたかいご声援をいただき、とても気持ちよく演奏することができました。
 八街市中央公民館のようなところでは、お客様とバンドとの距離がとても近いので、お客様の反応を直接感じることができます。皆さんの笑い声、真剣なまなざし、そして手拍子や声援などが、私たちの演奏を支えてくださいました。また、小中学生の皆さんとの合同演奏も意義のあるものとなりました。
 今回、私たちにこのような機会をいただきいろいろとお世話をいただいた、明朗塾の皆さんはじめ、多くのスタッフの方々、そして、合同演奏に参加してくださった小中学生の皆さん、本当にありがとうございました。